スバルアウトバック新車SPGコート低撥水

カービューティープロ115  航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

久々更新に挑むこの姿勢、いけませんね~

気を取り直して更新していきます。

スバルアウトバック新車SPGコート低撥水の施工。

こちらのお客様、当初はディーラー施工で納車前に全て終わらせる段取りをされていたようなのです。

それはちょうどGW前の話でした。

車は来ているがディーラー施工業車との段取りが上手くいかず希望納車日には納められないと連絡が来たようなのです。

確かに今回のGWは最長10連休でしたし、連休前に納車を済ますためぎっちりスケジュール組まれていて

滑り込みセーフに近い新車は当然後回しにされるかも知れません。

でもそれ一言でセールスの段取りミスって思うのですが・・・。

それは良いとして、連休前に納車できるのか!できないのか!

その辺の細かい対応が出来るのも個人様向けで営んでいる当店だからこそ出来る術!

納車日が分かりさせすれば、後はこちらの時間配分のみ。

うまく段取りをフィックスさせる事が出来ました。

そしてご入庫。

養生フィルム、シートのビニール、ディーラーは納車点検のみで何も触らせなかったオーナー様、お気持ちは察します。

新車仕上げを全て託された思い、久々メルセデスの新車仕上げの時を思い出します。

工場出荷状態からこのカービューティープロ115で初めて納車状態となる!気合も入ります。

ご入庫の時は夜、そして雨、リアのガラスは油膜、再度とフロントは不自然な撥水、全てリセットいたしました。

完全2層ガラスコーティング SPGコート低撥水完成。

入庫時の塗装、1工程の塗膜調整の磨きを行い全体的に光沢をはっきりさせました。

側面の光沢感、プレスラインの造形美を強調させる艶なんです。

それがSPGコートの最大の特徴と言えるでしょう。

晴れている時の光沢、それは格別な艶を放ち、雨天時は自然と汚れを洗い流すセルフクリーニング性、

大雨の日などは走れば雨水が剥がれ落ちる程に、汚れも一緒に流されていきます。

そして樹脂に至ってもコーティング。

紫外線による経年変化もこれで抑制される。

ただ、ルーフが平らに近く、中央に雨水が残りやすくなりますのでお手入れはこまめに行うようにしてください。

お引き渡し当日、車の納車日が夜でどんな状態かわからなかったらしいのですが

その日の朝は快晴となり、綺麗に仕上がった愛車に大変ご満足されていました。

ここ最近SPGコートの需要がとても高く、SPGコート指定でご依頼を頂けるようになりました。

その効果を確かなものにするのは、全てがオーナー様のお手入れ次第。

お手入れ頻度が多ければ長持ちします。雨染みも軽度で済みます。

コーティングしたから大丈夫とあまりお手入れをされない方、コーティングは全てから守ってはくれません。

荒れる進行を抑制するのがコーティングの役割になりますので、お手入れをする事は何よりも必須になってきます。

綺麗な愛車を長く状態維持するためにも小まめなお手入れを心がけてください。

レガシーアウトバックのオーナー様、当店をご利用下さいまして、誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください