クラウンハイブリットにSPGコート他

クラウン ハイブリット SPGコート超撥水+フィルム全面

当店ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

西東京 カービューティープロ115のヨシノです。

以前にもブログに掲載しましたが、今年のフィルム需要は惨敗傾向。

価格崩壊を間接的に感じながら、それでも私の説明でご理解くださる方は施工していただけました。

今回の車両は、珍しくクラウンハイブリット。

この方は、昨年ハリアーハイブリットでご入庫いただきました方で、1年目のメンテナンスコートのスケジュール調整を取っていたところでした。

その方が突如代替え。その連絡に正直びっくりいたしました。

今回の施工メニュー

●ボディー:SPGコート超撥水

●フィルム施工:フロント3面 IR-90HD / リア3面 HCD-30G

●ホイールコーティング:PCW-880(脱着なし表面のみ)

※同時施工、そして昨年に引き続きなのでウィンドコートPGS-33はサービス(運助ガラスは除く)

DSC_1940 DSC_1941

早速ですが、フロント3面のフィルム(リンテックIR-90HD)は施工完了

DSC_1939 DSC_1958

フロントガラス 施工前79%/施工後78%

DSC_1937 DSC_1956

助手席ガラス 施工前72%/施工後71%

DSC_1938 DSC_1957

運転席ガラス 施工前73%/施工後71%

国産車のガラスは、UVカットガラスに加えフッ素コートガラスになっています。

光を反射しやすい傾向にあるのか、透過率は低め。

リンテックIR-90HDであれば、実測値72%でも2%アドバンテージがあるので安心です。

最悪70%でギリギリ車検に通る水準であろうと想定していましたが

なんと71%で着地。1~2%のダウン率は極めて優秀なフィルムです。

今回のコンセプトは、暑くない車内です。

DSC_1942

リアガラスは薄めのプライバシーガラス。この辺の薄めプライバシーガラスはトヨタの得意分野と言いましょうか

微妙な前後アクセントを入れています。

チョイスしたフィルムは、リンテックプレミアムシリーズHCD-30G。この濃さをさらに10%濃くHCD-20Gにすると、10%台の濃さに突入しますから非常に難しいところ。

明るさを生かした仕様としてHCD-30Gをお選びいただきました。その仕上がり濃さは後ほど。

続きましてボディー。特に細部が非常に汚れていました。

DSC_1943 DSC_1944

DSC_1945 DSC_1947

経年車の場合、特に中古車展示場で長い時間次なるオーナーを待つ間、その車の細部はそれは残念な状態になっています。スタッフの洗車も雑。その洗車の仕方、いくら中古車であってもプライスついているのだからもっと丁寧にやるべきでは?と思う程の雑な洗車を見たことがあります。

DSC_1948 DSC_1949

その雑な洗車をした車両、塗装部分も傷だらけになってしまうでしょう。

その車を契約する。その契約内容にコーティングが盛り込まれている場合、一応綺麗になるでしょうね~

でも、その金額が仕上がり対価に相応なのかは、、、、それは言えません。

ただ、当店の仕上げに至っては、自信持ってリフレッシュさせます。

DSC_1951

輸入車とは異なり、国産車の塗装は柔らかめ。磨きやすいですが、磨き過ぎれば終わりも早くなる。

研磨とは、その時磨くべき研磨量は傷の深さを見ながら行います。

磨きながら、今ある傷を研磨しても磨きの傷を残してしまっては意味がない。

作業する時の磨き方にもコツがあります。

塗装表面、長年の紫外線で表面は劣化黄変いたします。

気にならない方はそのまま乗り続けてもいいでしょう。

大切にされたい方は、その劣化黄変した表面は綺麗に整えてあげることで、塗装表面は生まれ変わります。

今回の磨きでは、雑な深い洗車キズが無数にあり、深すぎるものは今回のこす措置をしましてリフレッシュいたしました。

DSC_1963 DSC_1964

パールシルバーの塗装。入庫時はややシルバーが強くパールも控えめでした。

仕上がり後は、クリアー層で光を反射。光の加減でパールの顔が変化して、より美しさを放ちます。

DSC_1965 DSC_1966

08年式の塗装。磨き上げればまだまだ綺麗な状態になります。

この状態を長く維持させるためにも今回はSPGコート超撥水で保護。

DSC_1969

気持ち良いほどに転がり滑る超撥水コート、大雨の後の汚れ方も嘘のようにシミもなく

そして、仮にシミができたとしても、そのメンテ性は良好。虫の付着も簡単に除去できるほどです。

(その状態は当店デモカーにも施工してありますので、ご覧いただくことができます)

DSC_1967 DSC_1970

黒ずみやすいエンブレムやグリル。ボディー細部類も全てリフレッシュ。

DSC_1971

磨きにおいては、ヘッドライトもクリアに仕上げています。そしてそこにもSPGコート超撥水。

ライトのハードコートもコーティング膜でしっかりと保護、そして気持ち良い撥水。

DSC_1972

透過性の高いHCD-30G。透過率30%は見えない程度にではなく、見える明るさです。

その明るさは、あえて見せる!しかし確実に近赤外線は95%カットする!

後席に座る方にも優しいフィルムです。

DSC_1973

リアスポーラーの汚れも綺麗に。ここは水がたまりやすいですから気をつけてください。

DSC_1974 DSC_1975

そしてホイール。脱着はしませんでしたが、可能な限り奥の固着したダスト類まで洗浄いたしました。

DSC_1977

運助除くガラスには、PGS-33のシラン系ウィンドガラスコートを施工。

雨の日の視界も完璧に安全を確保します。

DSC_1953 DSC_1952

見た目綺麗に見える車。傷も増えてくると、そろそろ新車に乗り換えようか?そう思われるでしょう。

乗り換えるのも一つの手です。リフレッシュするのも一つの手。

施工者として、一つ考えていただきたいのは、大切にされていた頃の思い。それをもう一度思い出してみてください。

愛着は、乗れば乗るほど深くなります。

リフレッシュする事で、忘れていた思いが蘇り、もう一度大切に乗ってみようと思えるかもしれません。

クラウンハイブリットオーナー様。この度も当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

SPGコート超撥水、この仕上げは1年後のメンテもリーズナブルに済む仕上げでございます。

普段はご自身で洗車されつつ、少し汚れが気になりだしたら、ぜひともメンテナンス洗車のご予約を入れてください。

夏も終わり!惨敗フィルムキャンペーンは終了いたします。

その他キャンペーンんは継続中です。

愛車をもう一度綺麗にされたい方、是非ともお問い合わせ下さい。

下記URLを是非ご覧ください。

http://www.cbp115.com/campaign/

ご利用、心よりお待ちしております。

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

東京,西東京,武蔵野,三鷹,練馬,杉並の自動車,ガラスコーティング,カーフィルム専門店

(Car Beauty Pro 115   カービューティープロ 115)

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください