トヨタ クラウン シルフィードSC7015施工

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

坐骨神経痛ネタで恐縮いたします。

3連休の二日目、昨日は整体にて骨盤周りを矯正して頂きました。

とにかくお尻から脚にかける筋肉の硬さが原因で神経を圧迫すると言う事。

そして加齢による腹部の筋力低下により血流が悪化し冷えの進行による事。

主な原因がようやく的を絞れたように感じました。

骨盤矯正と高周波治療(電極を患部に当てて低下した深層筋へ直接アプローチする方法)を行なって頂いたわけですが

一昨日腰痛に効くと言うとある方法を行なった事で、痛みがやや緩和されました。

しかし、昨日の朝、歩行するにはどうしてもお尻周りに痛みがありそれをかばう歩き方に。

高周波治療を行なった後、腹部周りにはまだ電気的な痺れがありましたけど、なんと!普通に歩くことが出来たのです!

これには驚きました。 痛みがなくなるまで安静にするのではなく、弱った筋肉に刺激を与える事で完治に向かわせる!

自分ではできないやり方です。

この痛みを自分でも緩和できるよう昨日から再びストレッチを行いました。

主に使われる場所としては病院のリハビリセンター。でも、10年前にはまだなかったものらしいのです。

この高周波治療を30分続けると、なんと腹筋9000回に相当するらしい。(自ら9000回など絶対に無理w)

これは続けると癖になる施術かも知れませんw 確実に良い方向に向かうのが体感できる装置です。

この冬の間に何度か施術してもらい乗り切りたいと思います。

さて、今回はトヨタクラウンのフィルム施工。

クラウンにフィルム?トヨタ系の場合ほとんどディーラーで済ませてしまう方が多いのですが

珍しい問い合わせだな~と感じていました。

お客様がご来店され受付を済ますと年齢はとても若い。22歳だったかな?

22歳でクラウン!若者の車離れが加速している現代ではとても貴重な方!

色々お話を伺うと、父親が車を買い替えたので、それまでの車を譲ってもらったとのこと。

経緯はどうであれ、乗りたい志がある時点でいいじゃないですか!

オーダーは当初、フィルム施工にウィンド油膜除去+撥水施工でした。

11月下旬、不安定な天気もありましたが、この時期にして花粉が飛来しているのか・・・

日本ならば1年中花粉は飛んでいます。この時期は幸い悪さしない花粉かと思いますが、決して侮るなかれ!

油断した時に気が付いたらシミだらけなんてこともありますので、寒いですけど、冷たいですけど、しんどいですけど

定期的な洗車は行なってください。

車両チェックの段階で、運助は撥水ガラスなので省きます。

フロントガラス、後席ドア、リアガラスを対象に施工の判断をいたしましたが、

フロントガラスは急ぎ施工する必要はないと感じましたので、フロント3面は省きました。

リア3面、雨染みがいくつか確認、後席ドアの四隅にカルシウム化した固着物を確認しましたので

リア3面をクリーニングする方向性としました。

プロが見て今施工する必要性が無ければ、無理に施工をお勧めは致しません。

撥水はしているんですけどね。撥水とそもそもの油膜は別物なのでリセット。

フィルムはシルフィードSC7015をチョイス。

そもそも明るめのプライバシーガラス、そこに恋フィルムを入れると視認性はとても悪くなるのですが、

オーナー様の希望としては、これまで父親の車だったのでちょっと自分らしくしたいと言うことで濃いめをインストールいたしました。

1mの距離ですと車内は見えません。

透過率にして5%前後だったと思います。

車内から見ても、暗さは感じますが、そもそもシルフィードSC7015の透過率は11%。

暗さはあるものの透明度は高いフィルムく、グレー系のカラーなので目には優しいかなと思います。

私個人的にも好きな色でもあり、最近このカラーがとにかく出ます。

遮蔽すると言う色、視認性を下げない色、こればかりは相反しますので、両方は満たす事が出来ません。

ただ、人間は慣れてしまうもので、仮に視認性を下げないで明る目を入れると、1ヶ月も経たないうちに「ちょっと明るいな」そう感じることもあります。(暗すぎると逆も然り)

私の経験値としては、本来のプライバシーという観点から見ると透過率は10%前後が理想かなと思います。

5%の透過率になりますと、夜の視認性は悪くなりますので、後進する際、横からに歩行者や自転車の確認、これらは十分慎重に確認をしてから操作をするようにしてください。くれぐれも安全運転でお願いいたします。

そしてリア3面のガラス、PGS-33を施工して完成です。

この度は当店をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください