TOYOTAヴェルファイア経年車バリュープラン

カービューティープロ115  航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今年もなんだか年末がすぐそこまで見えてきている感じがします。

実験をどこかでやりたいと考えていて、そのコンセプトを何にしてどんなパターンにするか

どんな問題点があるかなど、テーマが確立しないまま時間ばかり過ぎていました。

実は昨年5月ごろに私の車の左フェンダーにとある実験をしていたのですが、結果は失敗。

まぁそんな事もあります。

そんな時、ちょうど先日納車した車両のオーナー様から、今回の施工はどんな実験でいきますか?

ずっと考えていたのですが、コンセプトが見えない中実施に至るのはなぁ~~

でも半ば強引に絞り出された感じで「ではこのパターンで行きましょう!」

オーナー様の好まれる撥水パターンがあり、でも水平面のシミだけはもっと軽度にしたいと言う要望

偶然にもその前に施工したとある施工液の残りがありましたので、それを踏まえてこんな事やってみましょうと提案。

とりあえず実験として実施をいたしました。詳細は裏ずけが取れていないので語れません。

一応記録として、 2019年10月19日にとある検証をスタート!!!

それと並行して私の車にも近々時間を見つけて突貫施工をしたいと思います。

検証期間は年内。 洗車の回数と手応えを踏まえて評価を致します。

さて、今回はバリュープラン。

バリュープランをお求めになる方は、なるべくコストを抑えたいと言う思いに尽きるでしょう。

まずはそこから入る事で良いと思います。

ご入庫はパールホワイトのヴェルファイア。

車体の大きさから洗車はとても大変なお車です。

くれぐれもご注意頂きたいのは、バリュープラン、スクラッチ類を研磨していくのではなく

ある程度光沢が復活したらそれで磨きは終了。

なるべく時間短縮をして仕上げる作業のため、ハードに汚れているお車は期待しないでください。

汚れを簡単に落とす、そこにも技術というプライスが存在します。安くないですからね!

外的要因の表面的に汚れているレベルならば洗車に加えケミカル洗浄で綺麗になります。

結構ハードに汚れているか? いや汚れていました。

一度洗車をサボるとBOX車の汚れって結構しつこく残るんです。

それを普通に洗うだけで一般の方なら2時間はかかるんじゃないでしょうか?

でも綺麗にならないのでまた放置してしまうと言う悪循環。

一度リセットするしかないですよね。

そして完成。

白さも一新しまして、全体的な輪郭が鮮明になりました。

パネルとパネルの接続部分を洗浄する全体像が綺麗に見えてくるようになります。

小さな箇所の汚れ、やっぱり目立つんです。

よくプラモデルのドアの凹み部分に墨を入れて、さもそこにドアがあるんだと言わんばかりのディテイルに仕上げていますが

あれはプラモデルだから墨を入れて強調しています。

実写の場合、そこまで濃いとそれは汚れとしか見えず汚いというフレーズになります。

接続部分は黒というよりも陰影があり異なるパネルが存在する。

ボディーは軽く磨きを入れましてPCX-S7にて仕上げを致しました。

そして追加施工のウィンドコート。

油膜を除去しPGS-33シラン系にて施工。

使い方で最長10ヶ月は撥水を維持します。

パールホワイトは膨張色。

傷をつぶさにチェックし研磨して光沢を・・・いやその光沢は中和されてしまうので分からないでしょう。

むしろ考え方としては軽く磨いて細部を綺麗にし全体的に綺麗に見えれば良い?

その理解の仕方がバリュープランであっても良いのかな?と思いました。

ビッカビカにしなくても良い、ヴェルファイアのように綺麗に見せる術で仕上げて欲しいと言う方がいらっしゃいましたら

バリュープランはオススメです。

ーーーー現在のご予約状況 にいてーーーー

現在11月の施工枠にてご案内をしております。

新車の場合はコーティングでしたら一泊二日、複数作業が入る場合は二泊三日。

経年車の場合は、基本コース二泊三日からのお預かりにてスケジュールを組み立てております。

ご依頼の際、納車日が未確定でもおおよその日程でご連絡を下さい。見込みでリザーブいたします。

ーーーーーーー最後に仲間のご案内ーーーーーーーーー

このブログをご覧下さったで、上石神井周辺、杉並区、武蔵野市の方。

愛車のリフレッシュをご検討の方、是非ともお問い合わせしてみてください。

https://blog.goo.ne.jp/cbp-tack   ← カービューティープロTACKさんのブログです。

https://www.cbp-tack.jp/profile.html  ←カービューティープロTACKさんのHPです。

練馬西東京武蔵野地区、これからも頑張ってまいります。

何卒、よろしくお願いいたします。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください