トヨタゼロクラウン ルームクリーニング

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

クラウンルームクリーニング、こちらも昨年にご相談を頂きましたお車。

当初の予定ですと1月中旬からのご予約でルームクリーニングとポリマーコートのご予定でお預かりする予定でした。

ですが車内の臭い、灯油をこぼしたせいでとても耐え難い異臭を放っており、取り急ぎルームクリーニングを行うこととなりました。

ちょうどMercedes Benzの施工もちょっと長めのお預かり、ルームクリーニングも着手で費やす時間は丸一日もかかりません。

乾燥で数日かかりますので、作業終了後は駐車場で乾燥させることで2台同時進行を行うことに致しました。

走行距離も10万キロ、一見綺麗に見えてもファブリックシートは汚れが詰まっています。

灯油臭は右リアの足元。フロアーマットは取り外されていましたが異臭は残っています。

ダッシュボードも経年でご覧の通り、お手入れしないと見窄らしくなります。

ルーフライニング、フロアーマット、シートクリーニング等、水とケミカルとバキュームでクリーニング

バキュームのバケツはおよそ3回オーバーフローとなり排水。経年からなる汚れをとことん吸水です。

そして仕上げ。樹脂類は適度にしっとり艶出しを行います。

艶も出て使用感あったハンドルもご覧の通り、

不自然に艶があったり汚れていたり、とても綺麗には見えなかったダッシュボードやセンターコンソール

人間が座って視界に入るものが綺麗あるか、そうでないかで気持ちが全く異なります。

ルームクリーニングはドライブする上でもっとも重要なメンタルのクリーニングと言っても良いでしょう。

灯油はフロアカーペットへはこぼれず、フローマットで止まったようです。

フロアーカーペットまで侵入していたらそう簡単にはいきませんでした。

ルーフライニングも綺麗に。完全乾燥までまる2日間、屋外で乾燥。

外気温が上昇してくると車内が結露し始めますので、乾燥の具合も確認できて手応えありましたよw

乾いたフロアーマットも装着して納車準備。

この段階で先にお預かりしていたMercedes Benzはお引き渡し。

1月12日はとても慌ただしい1日でした。

最後に車内を全体的にブラッシングとバキュームを行なって完成。

灯油臭もなくなり、それを打ち消すために撒かれたファブリース臭もなくなり

運転しても苦痛感は無くなったのではないかと思います。

オーナー様が1月13日にゴルフで使用したいとの意向で、それならなんとか間に合わそうと思った段取り。

前日12日に無事納車することができました。

道中いかがでしたかね?車内の空間臭は問題ありませんでしたか?

唯一問題あるのはこいつ!この右リアのマットが強烈でしたのでこちらはそのままお預かりでクリーニングを繰り返しています。

さて、ゼロクラウン、再びボディーでお預かり致します。

予定日は1月22日から。

車内も綺麗になり、次はボディーでびっくりして頂きたいと考えていますw。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください