新年第1号 VWゴルフ5にPCX-S7施工

新年第1号 VWゴルフ5にPCX-S7施工

こんにちは。Car Beauty Pro 115のヨシノです。

2014年、1台目のお車はVW GOLF5 COX CONP リピートでご利用頂いております常連様です。

1月6日仕事初めのブログでちょっとご紹介しましたが、再び具体的にご紹介します。 このお車、新車時の施工から数え、施工回数はフルで2回、その間に水平面の再施工で2回。 そして、今回は3回目のフル施工です。 研磨量から察するに、水平面/垂直面の塗膜厚バランスは異なっています。

水平面のイオンデポジット、前回のフル施工時も気になる状態であり、当店に入庫される度に オーナー様からは『ここの照明だと肌の悪さが露骨に分かる(笑)』と、 私もそんなつもりはないんですけどねw ただ、一つ一つの思い、それらの言葉はお車を大切にされたい思いと受け止め、次には解決してあげたいと思っておりました。

その間、次なる乗りたい車の話などもあり、再施工のタイミングが来るのかな?決して再施工を呼びかける訳ではありません。お客様の乗り換えはタイミングであり、そのまま継続されるのもお客様の意思です。 そして今回、その再施工のタイミングが来ました。 時間はしっかり頂き、塗膜厚は最後になる訳ではありませんが、可能な限りイオンデポジットを研磨しようと思い取り組みました。

DSC_4406.jpg DSC_4407.jpg

輸入車のシルバー、塗装は硬いです! 通常スポットライトでは綺麗な輪郭で写り込むのですが、左の写真ではボケてます。それだけ表面が荒れていると言う事です。 いつも使うバフやコンパウンドではなく、荒削り!いつもより削りました。それだけ深いんです。

DSC_4408.jpg DSC_4409.jpg

ボンネット/ルーフ、かなり綺麗になりました。ただ、ホントの深部はまだ深く残っている・・・ これ以上は攻めません。次が無くなります。 実に4工程。荒削りから美観を整えるには時間がかかりましたね~~ その結果は得られました。

DSC_4410.jpg DSC_4411.jpg

オーナー様は6日のブログもご覧頂きまして、状態も私のコメントからも状況は把握されてました。そして現車を確認された際、蘇った艶感に微笑みと感動を得たようですw 大変嬉しい言葉でした。

DSC_4412.jpg DSC_4413.jpg DSC_4414.jpg DSC_4415.jpg

Bピーラ、テールレンズも磨きトータル的に美観アップ!ホントに綺麗になりました!

DSC_4416.jpg DSC_4417.jpg

ヘッドライトも磨きを加えクリア度アップ!そしてこちらには膜厚を出す為にPCX-S8を施工。 ボディーにはPCX-S7を施工。状態が悪化しないように、低撥水→親水に動くパターンにしました。 メンテ性も容易なので、今後は定期的にメンテ洗車をご利用下さい。 施工した車両としてはGOLF 5、なんどか触っていながら、毎回発見する事があり、今回発見したのはボディーダンバーが装備されている!これは興味あるアイテムですね~w  次回ご来店の時は試乗会をお願いしますw

DSC_4418.jpg

そして、この度も当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 お引き渡しの1月7日、お昼に完成した後、エージング時間中に友人のクマさんが来店。 カメラ談議が始まりました。 撮影の事、レンズの事、まだまだ教わる事が多いです。 カメラの撮影の中で、素人でも左右に動く物は捉えやすい、上下が難しいよ!と言う事で、

DSC_4425.jpg DSC_4426.jpg

単焦点で、上下に動く手を、タイミングよく中心に捉えようとしても・・・合わないw

DSC_4428.jpg

何度やってもだめw でもちょっとだけタイミングが分かったかも知れません なんだかんだと遊びながらカメラの事を教わりましたが、これも楽しい時間ですw しかし、カメラは奥深い・・・ と言う事で、2014年、幸先のよいスタートと、カメラを更に使いこなす年にしていきます。 今後とも当店ブログをご覧下さい。 全てお読み頂きましてありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください