VWパサートCCにPCX-S7とウィンドコート

当店ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

 

カービューティープロ115のヨシノです。

 

12月に入って寒さ本番となりました。

既に風邪をひいて何日経過したことか。。。。もう10日近くズルズルな状態が続いています。

昨年末、年越しはインフルエンザに感染してしまい(予防接種したんですけどw)

最終日目前で身体の自由も失われ、ご利用下さいましたお客様にご迷惑をお掛け致しました。

今年の年末までは感染しないように注意します。

(流石にインフルエンザは気合じゃ治りませんでしたからねw)

 

さて、3年ぶりの施工となるVWパサートC.Cです。

当店の近くにお住まいであり、久々にご来店いただきましたオーナー様。

流石に汚れ方が酷くなり、仕事もお忙しくなかなか手入れができない状態になってきましたので再施工のご依頼となりました。

親水パターンで汚れにくくしたので、塗装表面の荒れ方はさほどでは無いのですが

ご自宅が公園の隣で、砂埃などが舞って車体に降り積もる。その汚れが固着傾向にありその汚れが非常に目立っていました。

 

 

どんな場所でも風が吹けば埃は舞います。木々が近くにあれば花粉や落ち葉が舞います。

それらが車の細部に入り込めば、そこは袋状になりますから溜め込んで行きます。

 

続ける事が何よりも予防策となるのですが、一度でも怠った場合、次行う洗車では何らか変化している可能性があります。

続けるのはとても大変な事。ご自身で洗車をする時間が取れない時は、遠慮なさらずお電話ください。

 

(洗車は当店でコーティングを施工されたお客様に限ります)

※洗車規約:当店でコーティング施工をしたお車であり、複数台所有でも当店施工車両では無い場合洗車を承ることはできません。

又、過去に当店ご利用でお車を乗り換えられて、洗車だけのご利用も承ることはできません。

 

 

今回ホイールのコーティングは行いませんでしたが、ホイールの汚れ、スポーク裏側まで綺麗に、そしてダストと鉄粉まで綺麗に除去致しました。

 

前回から3年、ケミカルクリーニングを行うとかろうじて親水パターンは生きています。

しかしこの3年間で受けた代償は塗装表面を荒らしイオンデポジット化していました。

今調べたい事。このイオンデポジットの発生根拠を突き止めたい!それを考えています。

なぜ発生するのか、、、そのメカニズムは一体なんなのかを解明してご説明したい。近々取り組んでみたいと思います。

 

シルバーでもポイントに絞込み撮影すれば何をするのかわかるはず!それを狙って撮影致しました。

 

初めて見る方にも簡単にご説明します。

磨くってどれくらい磨くの? およそ数ミクロン単位でスクラッチやイオンデポジットを研磨します。

パサートC.Cの塗面、スポットライトの輪郭にある薄っすら浅いイオンデポジットとそれよりも浅いスクラッチを研磨。

荒れたパネル表面が整ったのが右の画像。

ただ研磨するだけではなく、無駄にイオンデポジットを研磨せず、深すぎるものは深追いいたしません。

むやみに研磨すれば、クリアー層の厚みは乱れます。そうすれば艶も乱れます。

均等に研磨して光沢も均等に整えるのがこの仕事です。(鈑金屋さんの磨きとはだいぶ違います)

 

そのためちょっと離れただけで、傷も少ない車の場合、その変化はわかりずらい。

何をしたのか不明とも思えるかもしれませんが、それだけ繊細な仕事であり目を酷使した作業をしています。

 

目指すところ新車のような美しさ!これを目標にして仕上げて生きますので

爪が引っかかるような傷の場合、それを皆無にすることはできません。

 

状態の変化をシルバーで表現するって結構面倒だったのですが、今回は上手く撮影出来ました。

 

この変化は、実際に太陽光の下でも手応えある変化として見る事ができます。

今回もコーティングはPCX-S7にて仕上げました。

ウィンドも全てのガラスに撥水コート。PGS-33にて仕上げ。

 

 

 

細部もご覧の通り綺麗に。

汚れが詰まったままですと、そこに汚れが堆積する合図なのです。

水の流れを良くするということは効率良く排水させますので、車内に水が入りこむ事もありません。

 

普段からあまり乗られないのでしょうかね?走行距離もそれほど伸びていませんでした。

普段から乗られる車と、あまり動かない車との傾向からすると、細部に汚れに変化が見られます。

専門店での仕事では、その細部からクリーニングするからこそ、全体的に綺麗に見えるわけです。

 

気に入っている愛車だからこそ綺麗にして乗りたいと思うはずです。

磨く事で綺麗になるのは当たり前なのですが、それを長持ちさせるためにも定期洗車が欠かせない。

塗装表面が酸化していくメカニズムが分かればそれを防止して美しさを維持できる。

(実際に私の車はイオンデポジットがありません)

そうすればコーティングにおける保証もきっとお約束できるはずです。

 

数年ぶりに綺麗になったパサートC.C。

綺麗になった車に乗るのは気分が良いものです。

これからは私の方から洗車のご連絡をするようにいたします。

これからも長く愛用ください。

ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください