BMW 650i リフレッシュ計画(その3)

BMW 650i リフレッシュ計画(その3)

こんにちは、カービューティープロ115のヨシノです。

ついに最後のE63 リフレッシュ計画その3!雨漏り究明+ホイール/フェンダー内洗浄編です。

今回は写真より言葉が多いかもしれませんw お付き合いの程、よろしくお願い致しますッw

コーティングを仕上げた数日後、雪が降りました。1月14日の大雪に匹敵するかの如く、天気予報にはかなり脅された事を覚えていますw その日は新車コーティングで650iは月極駐車場へ。雪でどうなる事かと思っていたら、雨に・・・雨漏り心配だな~~と思いながらお仕事集中。 夜、雨も上がり乗り込むと、案の定車内は結露・・・あらぁ~~~これもかぁ~~と思いながら後部足下をチェック すると、両方浸水、しかも程度としては右側の方が多く進入している。 緊急事態発生です。 時間がある時に、早速分解してチェックをしてみると・・・

DSC_2364.JPG DSC_2365.JPG

スカッドプレートカバーを剥がした状態で内側が結露。

DSC_2366.JPG

これまでにもE63には乗りましたけど、2台とも同じ現象。そして3台目。なぜ???? 当時乗っていた車はDにて修理、エッジプロテクターを交換したと言う事で終了。 そのエッジプロテクター、片側6万ですw両側で12万? では当時どのような対策とられましたか?と聞くと・・・折り返しが無く終了~~~ と言う事で、分解究明に至った訳です。

DSC_2367.JPG DSC_2368.JPG

エッジプロテクターを外すと、汚れてますね~~ 車内のBピラーが汚れていたのは汚れた雨水が染込んでいたんです。 エッジプロテクターのボディー側との密着が弱いと、エッジプロテクターの溝に水が溜まり 下に流れていきます。下に流れる中で、ボディとの空間があると内側に回り込んで水流が出来る訳です。 原因はパッキンのコーキング不足。水は高い所から低い所に流れる訳ですから、密着と防水をするだけで防げます。 左側もやや浸水の傾向にありましたので分解。

DSC_2442.JPG DSC_2444.JPG

下側に錆が・・・微量でも溜まれば錆びるんですね(悲)さっそく錆を落とし、古いコーキングを取り除き洗浄。

DSC_2443.jpg

エッジプロテクターの劣化?5年程度で劣化?ゴムは油が抜ける事で縮みはします。劣化も進むでしょう。 単に劣化だけで済ますより、もっといい解決方法があるはずなんです。それが無理な場合、初めて交換になるんだと思います。 この場合、3年でも雨漏りするでしょうね~~。ガレージ保管でも同じ事が言えるでしょうね~

DSC_2446.JPG DSC_2447.JPG DSC_2448.JPG DSC_2449.JPG

エッジプロテクターをしっかり洗浄、錆が回っている箇所も洗浄。プロテクター溝にもコーキングを施し 溝も締め付け、隙間なく角から合わせるように装着。樹脂ハンマーで軽く押し込むように叩き密着を上げていきます。 既に助手席側では雨での雨漏りが無くなり対策完了。運転席側は経過観察です。

なんでも部品だけで解決したら技術はいりませんね~。知識もいりませんね~~~。もうDには行きません。 ただ、今回購入したhansin BMW 六甲店のセールスの方にはいろいろとお世話になりました。 この場でお礼を申し上げます。ネットで発見し、コンタクトをとらせて頂いてから、いろいろと神経質に伺い 良い買い物をしたと感じた次第です。この650、生まれ変わりましたのでこれから更に大切にしていきますw さて、続きましてホイールネタ。

DSC_2395.JPG

5年経過しますと、外身は綺麗でもフェンダー内はブレーキダストや艶出し剤など、いろんな汚れが満載。 洗浄も一苦労です。

DSC_2397.JPG DSC_2398.JPG

ブレーキダストの凄まじさ、ハンパ無いです。でもブレーキは重要ですからね。洗浄は、気持ちの問題ですw

DSC_2399.JPG DSC_2400.JPG

数種類のケミカルで、落ちる汚れを時間をかけて丁寧に落としていきます。

DSC_2401.JPG

ここで乾燥して、初めて全てにコーティング。

DSC_2396.JPG DSC_2402.JPG

汚れすぎていると、片側だけで日が暮れます。その日に4本のホイール洗浄、フェンダー内洗浄・・・ もう腰が痛くて立てない程にまで、、、、疲れました。 ここまでやると自己満足の世界です。でも車としては全く別物に見えます。 編集が前後してしまいましたが、ガラスの透過率

DSC_2141.JPG DSC_2451.JPG

フロントガラス 施工前78%/施工後77%

DSC_2144.JPG DSC_2450.JPG DSC_2147.JPG DSC_2452.JPG

左運転席 施工前73%/施工後72%  右助手席 施工前73%/施工後72% でした

BMWは全車種全般で透過率が低い。クリスタリン90の施工がベストです。

その1から始まり、その3までご覧頂きありがとう御座いました。 当店で出来る仕事を細かくご紹介するのは、自ら中古車を買う事なんですね~ それがデモカーになる訳ですし、フィルム施工、ルームクリーニング、ボディーコーティング、 ホイールコーティングなどなど(雨漏り余計) それぞれで、どうなったかを写真で表現、現車で確認して頂き仕事を見て頂く訳です。

これまでお伝えした内容は、カービューティープロの基本です。 中古車がここまで綺麗になる!(新車は更に綺麗ですw)それがカービューティープロ115の仕事です。 愛車だからこそ、安い買い物ではないからこそ、大切にされますよね? 綺麗に乗る事は気持ちのよい事ですし、車が輝いています。 施工金額も決して安くはありませんが、ご相談頂き、ベストプランもご提案できますので、 是非ともお問い合わせ下さい。 ちなみに・・・・その4は、ラッピングを施してみようかな~~と思っています。 モデファイシリーズに入りますw お楽しみに。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください