BMW Z3 勝手にイベント施工

BMW Z3 勝手にイベント施工

当店ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

西東京のカーディテイリングショップ カービューティープロ115のヨシノです。

まず、明日6月4日はとある合宿のため店舗はお休みさせて頂きます。

合宿の目的、それは7月下旬に開催されるアイドラーズ12時間耐久レースの練習会。

それに参加して、私はピットクルーとして練習に励んできますw

先日行われたニュル24h耐久レース。世界最大の草レースとは知らず、BS放送の放映を自宅で見ていましたが、

あのレース、半端ないほどにすごい規模であることを知りました(今更遅いってw)

その半分の12h、アイドラーズ12時間が果たしてどんな経験を得られるか、

いずれレポートをまとめますのでお楽しみにw

さて、今回はZ3 イベント施工。この施工のためにCBP TACKさんに連絡を取り

二人でどこまでのスピートにチャレンジできるかやりませんか?とお誘いしました。

5月11日夜、横浜まで車両を取りに行き、そのまま店舗へ入庫。

IMG_6101 IMG_6102

早速状態を把握するために照明で確認しました。

その日の作業はしませんでしたが、簡単にできるところ、ドアミラーの鱗を対処

IMG_6103

なぜイベントか?この車両もレースに参加します。

レースで需要なのは速さもありますが、私はそこに美しさもあって良いだろうと考えてます。

速く、そして美しく目立つ!そんなコンセプトで勝手なイベント施工としてオーナー様に提案してみました。

IMG_6104 IMG_6105

サーキットを走る上で重要なのはクリアな視界。そのため無駄に多いガラスの鱗を徹底的に除去!

手っ取り早くミラーの反応をトライしてみました。結果は手応えあり。

そんな流れで翌日は車体のクリーニングに入りました。

5月12日朝から車体のクリーニング。少々荒い洗浄でしたが、午前中には全てのクリーニングを終わらせてマスキング。

そしてCBP TACKさんが登場!

IMG_6107 IMG_6108

どのように磨きていくか作戦会議(一服w)です。

DSC_0947

ソリッドブラックのカラー、スポットライトに切り替えるとご覧の通りのギンギンギラギラw

こうなってしまうのは仕方ないですよね~ ブラックですから。

DSC_0948

ポリッシャーは何で行くか、ファーストポリッシュのコンパウンド選定、スタートは誰がやる?

それぞれの手でどうなるかを見極めるためのテコ入れ。これはお互いに良い経験となりました。

DSC_0949

フロント周りの見極めにかかった時間、左右に分かれて二人で2時間。

二人してこのパートは疲れたぁ~~~~w 一日の作業でどこまで進むか、、、この段階ではまだ見えませんでした。

IMG_6110

フロント周りが終わった段階で、左右に分かれてワーストを仕上げ、そして早く終わった方からセカンド。

後発サードを追いかけるように作業を進めます。

DSC_0950 DSC_0951

終わったパネルのマスキングは剥がしながら、完璧なまでの仕上げ!阿吽の呼吸で進む作業、一気にペースアップ。

IMG_6112 IMG_6113

私は撮影しながら、TACKさんは電話w 真剣な眼差しでパネルをチェックするTACKさん? チェックしてました?w

IMG_6114 IMG_6115

IMG_6118 IMG_6120

イベント施工なので写真は多いですwiPhoneでの撮影、一眼レフでの撮影と大忙しw

DSC_0953 DSC_0954

二人のプロが共同で作業をする!これにも実は目的がありました。それは今言えません。

TACKさんには打診していますが、それもまたハードルが高いものだと理解していますので、夢が叶うと良いかな~と思っています。

DSC_0955

11日の作業は目的のパートまで終了。まだ明るい時間に終わりましたから、夜は慰労会!

IMG_6121 IMG_6122

久々の焼肉にビール!うまかったぁ~~w

12日、仕上げです。

朝から脱脂、その後耐スクラッチ処理、そしてPCX-V110でコーティング。

DSC_0957

そしてサイドスカートに当店の抜き文字ステッカーを貼らせていただきました

DSC_0961 DSC_0962

完成したパネル、あれだけギンギンギラギラwだったパネルも鏡のように映り込んでいます。

DSC_0964 DSC_0965

1998年式 1.9L 4気筒モデルのZ3、いわば前期モデルです。

およそ20年も前のモデルになります。ネオクラッシックの領域。

その車を今の時代に美しく乗る!これも美学です。

この車に対して、絶滅危惧種といった方もいました。

E36モデルは今でも健在で日本を走っています。そしてレースの世界では現役で走っています。

アクセルが電気スロットルではないワイヤースロットルの良さがそこにあるのだと思います。

古さも感じるかも知れません。しかし、このモデルで走る楽しさはまだ健在で、私は魅了されてしまいました。

IMG_6127

午後3時に横浜へ向け出発。リアタイヤに座るポジションのシート位置。

ハンドルを切るとフロントを振り回すような操作感。マニュアルシフトでの操作感は楽しさそのものでした。

IMG_6134 IMG_6137

到着は日没前。およそ1時間半のドライブは、マニュアル車の所有欲を満たすには十分な時間。

次なる目標はここで定まりましたw

IMG_6139 IMG_6142

いつも思います。夕方の横浜は美しい。

その日は、オーナー様と関内まで食事に行きました。

横浜のディープな部分、知る人ぞ知る店の料理は、、、胃袋崩壊w

IMG_6144 IMG_6145

イベント施工だけに、最高の2日間で、あらゆる経験を得て、これまの車に対する価値観を見直すには良い時間でした。

IMG_6146 IMG_6147

夜の夜景も最高!

そして翌日、昨日施工したZ3を見たいともう一台のZ3が突然登場!

IMG_6154

このZ3もナローのボディーなのにエンジンはM3Bの3L6気筒を搭載。

試乗したかったですね~~ どんなフィーリングなんだろう。

こういう車を見てしまうと、どんどん夢が膨らみます。

私の次なる車、BMW325ツーリング(ブラック)となりました。

この施工は6月下旬に、フルリフレッシュ施工をいたします。

古い車でも綺麗に乗る!市場価値を言うのではなく個人の価値観です。

個人の価値観はお金で表現することはできません。

今回のZ3も同じ。楽しいと思う気持ちを大切に、そして愛着をさらに深めて頂きたいと思います。

そして最後に、絶対にレースでは優勝してくださいね!!!!!ここは強調しておきますw

今回は長い記事となりました。長文おつきあいいただきまして誠にありがとうございました。

当店では年間通してキャンペーンを行っています。

愛車をもう一度綺麗にされたい方、是非ともお問い合わせ下さい。

下記URLを是非ご覧ください。

http://www.cbp115.com/campaign/

ご利用、心よりお待ちしております。

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

東京,西東京,武蔵野,三鷹,練馬,杉並の自動車,ガラスコーティング,カーフィルム専門店

(Car Beauty Pro 115   カービューティープロ 115)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください