マツダCX-5新車にSPG低撥水とフィルムフル施工

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます

 

ゲリラ豪雨、そして再びの猛暑、続いてますね~

この暑さは10月まで続くとか言われていますが、この熱波、遮熱対策は準備済みですか?

 

気温が高ければ熱中症になるリスクは高まりますが、実はこれから先の季節も重要なんです。

太陽の高さが低くなるにつれ、サイドから差し込む日差しは強くなります。

またルーフに受ける熱量により車内は即サウナ状態になってしまいます。

遮熱フィルムはそうならないように抑制する機能があります。

車内を遮熱することでエアコンの効率は良くなります。

そして紫外線をカットさせる事で車内の劣化、肌の日焼け防止にもなります。

 

車種により料金は異なりますがフロント3面は¥34000~¥42000で施工が可能です。

9月施工枠でしたらご希望の日程で施工が可能です。

※9月7.8.15日は臨時休業させて頂きます。

 

さて、今回はMAZDA CX-5の新車施工です。

 

お問い合わせはメールにて、施工にまつわる具体的ない内容についてご相談したいとの事でご連絡を頂きました。

頂くメールの内容に限らず、ポリシーとして100%のお返事をするのではなく120%のお返事をするようにしています。

その訳は簡単で、聞きたい事はお問い合わせ内容でわかります。でも本当のところ何を聞かれたいかはそこに書かれていません。

そのためお返事に不備がないよう一つ目に送る内容はより具体的に漏れが内容にしています。

 

そして今回のオーナー様から承ったご依頼は

  • 新車SGPコート低撥水
  • フィルムフル施工 フロントIR-90HD
  • リア3面シルフィードSC7030
  • ホイールコーティング

ここまでのご依頼をいただきましたので、フロントガラスを除くガラスへの撥水施工はサービスとさせて頂きました。

まずはフィルム施工から

 

 

運助施工、施工前透過率 79% 施工後透過率 77%

 

フロントガラス 施工前透過率 79% 施工後透過率 78%

どのガラスともに透過率の面では全く問題のないカウントです。

続いてリア施工

透過率25%以上のプライバシーガラス。

何度もお伝えしていますが、このプライバシーガラス、なんのカットもされていません。

日焼け防止もされていなければ、遮熱の効果も全くありません。

メーカー自主規制であまり濃すぎると安全性を損なってしまう可能性がありますのでプライバシーガラスでも透過率が高めのガラスが採用されています。

そのガラスに遮熱効果を付与するならば!そのガラスに遮蔽効果を高めるならば!

安全マージン取って透過率30%のカラーを加えるのがベスト。

施工後のカウンターでおよそ10%前後の数値になります。

ではその10%、濃いと思いますか? 仕上げてみると割と明るいのです。

その訳は、プライバシーガラスは製造時に着色されるため透明度が高い。均等に色が分散されているためです。

そしてフィルム、こちらも製造時に着色されるため透明度が高いのです。均等に色が分散されています。

 

そのため貼った後も実は視界良好。10%前後の透過率で夜間走行も目視は可能です。

むしろ慣れた後明るいと感じる可能性もあるくらい。

 

施工したのはシルフィード7030。紫外線は99%カット、赤外線も70%以上カットしていますので暑さは緩和されます。

 

後席にはお子さんや奥さんが乗られますよね?そのお子さんのためにも、奥様のためにも環境作りは大切です。

効率よく冷える車内、これほど気持ち良い空間はありませんよ!

 

そして次なるはボディー

毎度マツダシリーズでマシングレープレミアムメタリックの良さをご紹介しております。

磨かなければぼんやりしたボディーカラー。

軽く磨けばのぼんやりくすんだからーもハッキリといたします。

ちょうど蛍光灯の写り込んでいる付近を見て頂くと磨いていない場所が白くぼんやりしているのがわかります。

 

磨くことの必要性、新車でディーラーでもコーティングを行います。

新車ディーラーだからコーティングを売るのは当たり前。でしょう!  では磨いている?

新車は陸送時ボディーカバーフィルムが貼られています。商品として水平面を守るためです。

そのフィルムは弱粘着のポリエチレンフィルムだったりするのですが、そのフィルムを剥がしてもボディーには残留物が残っているんです。

その残留物を除去せずにコーティングしているところがほとんどでしょう。

それは本来のコーティングで得られる効果の50%も満たしていない状態です。

当然です。必要ないものがボディーに付着した状態なんですから、それは抵抗となるに他ありません。

それを研磨により整えて、綺麗になったパネルにコーティングをするから効果が得られるのです。

そしてSPGコート。2層コートにする理由。

理論は紹介ページをご覧いただくとして、塗装を守るために2重保護膜を備えています。

美しいボディーカラーを美しいまま乗り続けて頂きたい!そんな思いを抱きながら仕上げています。

そしてガラスに至っても、フロントを除くガラスにはフッ素加工を処理。

視界を常に良好に保つためのサービス施工。油膜除去もしっかり行なった上で仕上げました。

耐薬品性、耐酸性、耐スクラッチ性、防汚性、通常1層のガラスコーティングよりもより傷の入りにくい仕上げで美しさが保たれます。

現在新車施工では、お引き渡し時に1ヶ月ごの無償洗車のスケジュールを決めさせていただいております。

どのような洗車方法をされているのか、状態を把握させて頂きアドバイスなども行うようにしています。

実際にどうやったら上手に洗車ができるかって、結構わからかったりしますからね。

新車で施工をご検討されている方がいらっしゃいましたら、是非とも前向きご検討ください。

今回のCX-5オーナー様も、無事先日初回洗車を終えました。

感想、このゲリラ豪雨などある中、極めて汚れ等も固着せずとても良いコンディションで保たれていました。

聞けば2週間に1度洗車をされていたようです。

ちょっとした雨染みなどはできてしまいがちなのですが、何よりも定期的にお手入れをすることが長持ちの秘訣!

今回の洗車で水平面に固着する雨染みもクリーニングで除去して仕上げさせていただきました。

今回の新車施工は納車されて間も無くのご入庫になりましたので、オリジナルでどの程度の暑さだったか解らず終いとなってしまいましたが

乗り出しから快適であることがまずは大事。

そしてお引き渡しから定期的にお手入れされていることでボディーコンディションも良好!

継続することが重要なのですが、お困りになられたらいつでもご連絡下さい。

この度はカービューティープロ115をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

現在キャンペーンや施工プランなど絶賛公開中です。 →   http://cbp115.com/campaign

施工をご検討されている方は是非ともお問い合わせ下さい。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください