メルセデスベンツC200 クリスタリン施工

メルセデスベンツC200 クリスタリン施工

こんにちは。Car Beauty Pro 115のヨシノです。

6月初めはメルセデスウィークでした。New Eクラスの発表もあり、その他デリバリーも全体的に遅れ、5月下旬にまとめてデリバリー。施工が一気に重なりました。

今回アップするメルセデスベンツ C200T。ヤナセさんでご購入された車両。6月12日のご入庫でした。 前回愛車と同じ仕様での依頼から、リア/クリスタリン50、フロント/ピュアカット89、運助/クリスタリン90の施工です。 まずは洗車からなんですが、入庫当日は雨。早速ドアのドレンから流れ落ちた油の跡が。

DSC_3019.JPG

ご来店時、お客様もそのシミに気がつき、指で擦られていたので油の除去から開始。

DSC_3020.JPG

コーティングはディーラーにて済まされたそうですが、ディーラーではドア裏の油、除去なかったんですね〜〜

DSC_3024.JPG DSC_3025.JPG

新車のとき、防錆の為に塗られた油は柔らかく、水の流れで一緒に流れ落ちてきます。 ここを放置すると、いつまでも同じ汚れかたをして、最後に油は硬くなり、汚れを含んだ状態になります。 そうなる綺麗にしておきます。そうすることで汚れ方も僅かになります。

DSC_3026.JPG

洗車も終え、いざフィルム施工へ。 フロントから開始致します。

DSC_3027.JPG DSC_3028.JPG

成型、貼付けは問題なく終了。 気温も低く全てにおいて綺麗に貼れました。 次に運助。透過率測定です。

DSC_3031.JPG DSC_3032.JPG

運転席/73%、助手席/72%。低いですね〜。ヤナセさんでは、クリアビューと言ったウィンドガラスの撥水加工が施されます。撥水剤は時に光を反射させる作用が働きますので、透過率を下げる事もあります。 この続きは、作業に集中したため、一気に完了写真へw

DSC_3033.JPG DSC_3034.JPG

リアへクリスタリンを施工すると、エアコン効率は格段に向上します。 これは実際に施工された車両のオーナー様でなければ実感できませんが、軽自動車の非力なエアコンでも効果がでます。 今回、車検ステッカーの貼付けも依頼されましたので、ちょっと工夫をしてみました。

DSC_3035.JPG

ステッカーの貼り替え対策として、目印をつけました。仕組みはマル秘ですw 最後に、仕上げ透過率測定。

DSC_3038.JPG DSC_3039.JPG

運転席助手席は71%。保安基準では70%以上なのでクリア。しかし、クリスタリン90でギリギリの感じです。

DSC_3040.JPG

フロントは77%。問題なくクリア。 そして、今回の追加依頼。ホイールコーティング。

DSC_3037.JPG DSC_3036.JPG

もうワンセットは、洗浄のみ。乾燥後、カバーをして積み込みました。 お引渡しは6月13日朝、生憎の雨。フィルムは完全に乾燥させましたので、走行上問題有りません。 しかし、せっかく綺麗にしたのに・・・・雨で残念です。 今回の仕上がり、細部にこだわりましたので、オーナー様も大変満足されていました。 梅雨が明けたら夏です。車内を熱から守るには、クリスタリンが一番! 高額なフィルムですけど、効果は間違いなく体感出来ます。 真夏になる前に、お車への対策はいかがでしょうか? この度は、再び当店をご利用頂きまして、誠にありがとう御座いました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください