メルセデスベンツC63AMG PCX-V110施工

メルセデスベンツC63AMG PCX-V110施工
当店ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。
ようやくブログの更新方法にも慣れてきて、前よりも使い勝手がよいのかな?そう思えるようになってきました。
時間のある時に、過去の記事もタグ付けして整理したいと思います。
さて、今回はC63AMG。といっても新車ではなく前期もの中古車施工です。
このクラスになると普通に状態は良いです。唯一扁平タイヤなのでホイールのリムに傷があったり、アルミモールの腐食が始まってたりと、年式相応の勲章がありますw
DSC_5778 DSC_5779
既に完成画像の展開になりますが、それでもこのお車には3工程の磨きを入れ、スクラッチの研磨と同時に艶感向上をさせています。一般車両の施工でも同様ですが、購入された方が、それが中古車であっても乗り出すタイミングは極めて美観の高い状態が望ましいですよね?
その為にもただボディーだけを磨くのではなく、少々オーバーワークでも細かいところまでを施工しています。
例えば、ホイールコーィングやアルミモール。
DSC_5782 DSC_5783
ダストで汚いままよりも綺麗にしてコーティングを施す。そして、アルミモールも、少々くすんでいたら磨いて状態を良くしコーティングを施す。購入前の現車確認で気になる場所が綺麗になっているだけで嬉しくなりますでしょw
DSC_5784
そしてウィンドガラス。何も施していないと水垢ウロコでガラスが見窄らしい。そこもケアを施します。
しっかり撥水コートも施す事で状態維持に繋がります。
DSC_5785 DSC_5786
磨きを入れる。塗装面の荒れた部分をリセットする訳ですが、ここも初めの印象と異なると、シルバーでも違った色に見えてきます。
このお車を購入されたオーナー様へディーラー担当者が納車に伺った際、面白い話しをセールスの方から伺いました。
納車は11月ですから、納車時間も夕方ではもう日も沈み、当たりは暗くなっている。
そこにこのAMG63の爆音と共に納車。ご自宅から出て来られたのはオーナー様のお父様のようで
父『ん?お~~いなんだ新車買ったのか???』
息子『いや買ったのは中古だよ』
父『すごい綺麗じゃないか~。新車かと思った』
セールス『塗装は生きていればどうにでもなるので、磨きを入れれば綺麗になるんですよw』
普段はディーラー様のお客様と交流はありません。ですが、このやり取りの話しを伺った時、その描写が目に浮かぶようでしたw
綺麗に仕上げる事で、お客様の驚きがあり、そのお車も次ぎなるオーナー様に大切にご愛用されます。
今、車離れが進む中、車が本当に好きだ!そう言える方も少なくなりつつあるのかも知れません。
ですが、車が好きだ!又は、車を綺麗にしたい!そう思う方の為にも、想像を超える仕上がりで店から送り出したい。そんな思いで取り組んでおります。
DSC_5788
最後に、恒例のマフラーカッター。カーボンが無い状態は年式問わず美しいものです。
車を綺麗にされたい方、是非とも当店での施工をご検討してみて下さい。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください