E63 AMG 新車ガラスコーティング&フィルム施工

E63 AMG 新車ガラスコーティング&フィルム施工

こんにちは Car Beauty Pro 115のヨシノです。

2013年最後の営業日!今日で仕事納め。ブログアップを急ぎますw

11月末に施工したE63 AMG。ハイパワーセダンを制御する為に4WD化したこの車は、やや重めでした。 ご納車前の施工ですからアクセルは柔らかくしか踏めず、体感こそできませんでしたが、V8を搭載する時点でヘビーです。 車のご紹介は、それ専門のインプレサイトに任せますw まずは、新車でチェックすべき所。ドア裏のドレン。水をスムーズに誘導する為に油が多めに付着しています。

DSC_4183.JPG DSC_4184.JPG

外観は綺麗でも、写真の場所から水と一緒に油が流れます。サイドステップの汚れ、この油なんですよ! その油、新車のうちは柔らかく、およそ1年~2年で硬くなります。硬くなれば流れ落ちないのですが・・・ そこに油があるだけでうっすら跡は残ります。 そこを柔らかいうちに必要以上の油を取り除くだけで、汚れ方が変わります。 次に、フロント運助のフィルム施工

DSC_4185.JPG DSC_4186.JPG

施工前透過率測定は両ドア74%

DSC_4187.JPG DSC_4188.JPG

施工後透過率測定は両ドア73% これはクリスタリン90を貼った測定値。

DSC_4189.JPG

リアガラスには、IR20を施工。 しかしこのモデルは、前期のE63に比べると威圧感でました。 リアドア付近からフェンダーにかけて、プレスラインが変更になったこのモデル、デザイン的にまとまった印象を受けます。

DSC_4190.JPG DSC_4191.JPG

大きく開いたエアーインテーク。インタークーラーがセットされ、周囲を囲むブラックパーツはリアルカーボン。 サイトスカート、ドアミラーにも使用され、誰が見ても分かる存在感。 フル加速の程はどうなのでしょう~ 一番気になったのは、ダッシュボードのインストールされている時計!IWC(インターナショナルウォッチカンパニー)の時計ですよ! これはオシャレだと思いました。

DSC_4193.JPG

ホイールも鍛造19インチ。でも純正だから重いんでしょうね~ 11月後半から施工した車両に関しては、PSX-S7を施工致しました。 系統からで言うと親水系。水の量に応じて変化します。一応来年からBENZ向け来年バージョンとして取り入れます。

DSC_4194.JPG

AMGのシフト、EクラスはコラムAT、センターコンソールなのがAMGその証! AMGに触れる事が今後あるかどうか分かりませんが、攻撃的なエンジンスタート!エンジン音は気持ちがいい~ BMWのMシリーズも同様で攻撃的なエンジンスタートをします。やっぱり私はBMW派かなw それでもAMGは素晴らしいお車です。お手入れはこまめに行ってこそAMGらしさがそこにあります。 大切にご愛用下さい。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください