ポルシェ911ターボS(TYPE997)メンテナンス洗車

ポルシェ911ターボS(TYPE997)メンテナンス洗車

こんにちは。西東京 カービューティープロ115のヨシノです。

現在ホームページのテコ入れをしております。

新しいデザインにして、アップロードした2年前は落ち着いてサイト内をチェックすることができず業者にただ任せるだけでした。

今になると細かいところですが、サイト内のあちらこちらで疑問符が・・・

そして、スマホからのアクセスもできるような仕組みにしたにもかかわらず、分かりづらい・・・

これは致命的でしたね~~

そのため自分でできる範囲内、デザイン含め変更しています。

ちょっとおかしな状態が続くかもしれませんが、ご勘弁くださいね(>人<;)

さて、今回はメンテナンス洗車。

およそ2年ぶりに触るポルシェ911ターボSです。(前回施工は2014年10月)

三鷹へ引き取りに伺い、安全運転で帰ってきます。

これまで優しくアクセルを開けるように走ってきた感想では、おとなしい!

今回ちょっとだけアクセルを開けてみたのですが、その加速、リアから突然湧き上がるようなタービンの音

そしてその後にくるドッカン加速。知らなくてもよかった世界をちょっと体験してしまったかもしれませんw

DSC_2731

そうなると、頭の中には次乗るのは~~~など考えてはならぬ余計な妄想がw

さて、納車の時間もありますので、クリーニングは黙々と進めたのでした。

車内のバキューム、ホイールの洗浄、ボディーの洗浄と進めてきました。

至る所に虫のヒット痕、塗装もコーティング被膜も傷めずに、ケミカルの力で剥離させる。

いつものメンテナンスの流れなのですが、どうも状態がおかしい。

コーティングは2014年10月にPCX-S8を施工しました。

ヒット痕を手軽に除去するには酸でクリーニングになるのですが、その後の状態に変化がない。。。

PCX-S8は酸に弱く、酸の影響でメチル基が破壊されるのですが、その変化がみられない。。。

おかしい~~

DSC_2732 DSC_2733

そして、フロントバンパーの飛び石、リップスポイラーのガリ傷が無い。。。おかしい~~~

リアフェンダーにあるストーンガードも何かが塗られている。。。

そこで推測します。

おそらく車検を入れられた→バンパー鈑金?→鈑金ついでにディーラーはコーティングを提案?それとも勝手に?

その痕跡がストーンガードの曇りなのか?

何れにしても、プロの目から見て2年経過しているには思えないほどの良い艶

そして洗車傷そのものも少なめ、、、まぁ間違いなく車検時に含まれているパターンなのでしょう。

磨き&コーティングって、提案しても皆様構えませんか?

その話ウェルカムで聞きませんよね?ディーラー施工の単価を知ったら縦にはなかなか首を振りません。

だからオブラートに包まれてしまう。

それが現実だとすると、ちょっと悲しい出来事ですよ。

悪意はなくても、納車時に綺麗になるんだから良いでしょう、、、そんな考えがもしあるとしたならば残念でなりません。

それだけディーラーは利益を出せていない事になるんでしょう。

だけどコーティングって、本来オーナー様が必要なのか、そこが重要なところなんですけどね~~

なんだか悲しいです。。。

まぁそんな事よりも、このポルシェをプロのテクニックで綺麗にする事です。

DSC_2734

ディーラーではできない仕事が専門店では可能!

諦めていたこともひょっとすると救われることがあるかも!

ディーラー施工を考える前に、専門店で一度相談して見ましょう。

専門店プライスはお客様のためにあるリーズナブルなプライスです。

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

カービューティプロ115(Car Beauty Pro 115)では自動車のガラスコーティング/カーフィルムなど西東京を中心 とする、武蔵野市、小金井市、東久留米市、練馬区、杉並区、世田谷区の皆様の カーケアを新車/国産車/輸入車問わず施工しております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください