BMW 320d ツーリング 新車SPGコート超撥水+フィルム施工+他

BMW 320d ツーリング 新車SPGコート超撥水+フィルム施工+他

こんにちは。 カービューティープロ115のヨシノです。

 

杉花粉シーズンが終わって桜の美しさを見ながら春の陽気を感じる季節になったなと思ったら

ここにきて再び花粉シーズン!(花粉と意識しただけでクシャミがでましたw)

今の花粉はヒノキの花粉らしいです。朝見るとうっすら黄色い膜。

そしてここ最近流行りのにわか雨。(降るならもっと長い時間降ってくれ!)

 

このにわか雨でボディーは雨が乾燥した水玉模様 → 神経質なので花粉アタックが心配になってしまいます。

こういう時期はとにかく洗車してくださいね!洗車しなければ状態はさらに悪化します。

洗車機は強くオススメできませんけど、放置するよりはマシです。

塗装を守るためにも洗車は行ってください。

 

さて!BMWです。

今回のオーナー様、以前にウィンドコートでご利用くださったお客様。

その時は5シリーズツーリング(F11)でしたが、今回3シリーズツーリングに乗り換えることなり、

ディーラー施工はやめて専門店に任せたい思いで当店へのお問い合わせを頂きました。

昨年秋、都合により代車を処分してしまいました。
代車のご希望も満たせないことから、今回はイレギュラーな施工を提案。

●お客様納車前にディーラーさんから回送

●当店で施工してディーラーさんへ戻す

 ●全て完了の状態でディーラーさんはお客様へ納車

 

この手順、ディーラさんに入る外注業者のやり方でもあるんです。

一つだけ問題があり、BMWTOKYOさんとは取引がない当店では、いきなり営業所へ伺っても 誰? となりますので
あらかじめお客様の方から一報を入れていただき、あとは当店とセールスの方と調整をする手順で進める事にしました。

 

一度流れができると段取りは早い!ディーラさんも納点後から自社施工までの間、どこかでプール。

施工後から納車までの間、どこかでプール。

このプールの間にほんのちょっとお天気のいたずらがあるとトラブルになってしまうんです。

なるべくなら納車直前で施工して、綺麗な状態で納車されるのがいいですよね?

 

という事で、納車日が決まり、ディーラーさんでも整備を済ませた状態で保護シート装着のまま入庫していただきました。

 

DSC_3351 DSC_3352

 

新車はこの状態で海を渡ってきます。(メーカーによって養生は異なります)

今回の施工はフィルム施工、そしてSPGコート超撥水。

アルピンホワイトも裸眼では各部欠点目視は可能ですけどカメラに移せない。

その時間を撮影に費やすと施工がおろそかになってしまうので、今回は施工完了の写真のみとなります。

 

● フィルム施工 ウィンコスプレミアムシリーズ HCD-20G

DSC_3357

初めはHCD-10Gの施工予定でした。

リアラゲッジルームの適度な遮蔽性を求められていましたが、奥様が運転するにあたり暗すぎるのも危険
HCD-20Gは透過率20%、施工後の最終透過率はおよそ18%。

一般のプライバシーガラスよりもやや濃い感じです。

車内の遮蔽も適度に満たし、車内からの目視も夜間でしたら容易に可能。

オーナー様も悩み抜いた上でしたが、このチョイスが妥当でしたね。

 

● ホイールコーティング PCW-880

DSC_3356

リムの内側まで、手塗りではあっても均等にコーティング。

ホイールは熱を持ちます。そこにブレーキダストが付着すると焼きつき、そこからどんどんと大きく育っていってしまいます。

熱により固着したダストは落ちづらくなる、それを軽減させるのがホイールコーティングです。

開口部が広いホイールでしたので届く範囲で内側まで施工いたしました。

 

● ボディー磨き&SPGコート超撥水

DSC_3353 DSC_3354

 

ボディーコンディションは極めて良かったと思います。

加修箇所も左ドアの一部だけでしたので全体的に塗膜調整を行いました。

 

DSC_3359 DSC_3360

SPGコート超撥水施工翌日の撥水状態。コーティングを施した当日は雨に濡らすことはできません。
極めてデリケートなガラスコーティングの初期状態。
それが2層コートですから、完成度を高めるためにも施工後の温度湿度管理は徹底しています。
施工直後よりも一晩のエージングさせることでレベリングがアップしツヤ感も増していくの特徴!

雨に濡れた時の撥水状態は面白いほどに転がっていきます。
(フェイスブックページに撥水状態の動画もアップしていますのでご覧ください)

 

● フロントガラス撥水施工PGS-33&リフィールコート

DSC_3369

現在キャンペーン中の新車施工!これにはフロントガラスの撥水施工も含まれます。
ガラスの油膜を除去したついでもありましたのでちょっとしたサービスを

DSC_3370

本来ご依頼ではありませんでしたけど、他ガラスの油膜も除去しましたのでちょっとサービス。
他のガラスも撥水させました。

 

ディーラーさん引き渡し当日、ちょっと雲行きも怪しかったんですけど

DSC_3363 DSC_3364

 

今は店の前で満開に咲く桃花も、ちょうど開花した時で良い写真が撮れました。

 

DSC_3366 DSC_3368

 

お客様納車前の施工。ディーラーさんから一度離れてしまう管理責任の面でデメリットはあります。
トラブルが起きないようにするためにも、当店でも整理整頓を行なった上で動線の取れた作業場で管理しています。
メリットとしては、店舗内は完全密閉状態で作業を完結しますから、埃まみれになる心配はございません。

台湾では、
● 車はディーラーで買う
● 電装系は電装屋さんで装着してもらう
● フィルムはコーティングはコーティング屋さんで施工してもらう
それぞれ職種が住み分けされて完全分業化しているそうです。
日本ではディーラーさんが全て一元手配しているのが現状で、手配ミスによるトラブルなども起きています。
それぞれが専門で行う仕事、プロフェッショナルな知識と仕事をする上で一元手配するならば、手配する人も熟知した上でお客様にプレゼンしなければならないと思うんです。

今回のイレギュラーな手配、セールスやサービスフロントは手間が省けるし、何よりもお客様が適正で購入出来たのではないかと思います。
数多く存在するディテイリング業、それぞれもつ技術が安く扱われ、それでも仕事としてディーラーさんに常駐する。
安く扱われるにはそれなりの理由がある事を今回知りました。
これについてはいずれまとめてみたいと思います。

BMW 320dツーリングのオーナー様、この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。
今後もメンテナンスの面でご利用いたけますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

 

新車施工、経年車のリフレッシュいかがでしょうか?
リフレッシュをご検討の方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なさらずにお問い合わせください。

→http://www.cbp115.com/campaign/
 リフレッシュするための内容充実なプランです。お問い合わせお待ちしております。

 

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

カービューティプロ115(Car Beauty Pro 115)では自動車のカーコーティング/カーフィルムなど西東京を中心 とする、武蔵野市、小金井市、東久留米市、練馬区、杉並区、世田谷区の皆様の カーケアを新車/国産車/輸入車問わず施工しております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください