BMW X3 新車SPGコート超撥水+フィルム施工

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

2019年、あけましておめでとうございます。

1月6日からカービューティープロ115、営業開始いたしました。

今年も沢山の感動を施工とともにご提供したいと思います。

 

2019年は平成最後の年、そして5月から新元号になりますので節目の年になります。

新年が始まったのに昨年を振り返るバカはいないw いやここにいますw

昨年の最後の1台、BMW X3の新車施工で締めくくりました。

こちらのお客様は3年前にポルシェマカンの新車施工でご利用頂きました。

代替えをされ、当店ご指名にてご連絡を頂きましたので、納車日直後の先行予約にて段取りいたしました。

ご入庫されたその日、確認しましたらお仕事の関係で納車日がずれてしまい、納車されそのままご入庫になったそうです。

 

どうりでタイヤの艶出しが必要以上に塗られていたわけですw

画像は施工後、油性の艶出しもクリーニングで必要分残るようにいたしました。

コーティングはSPGコート超撥水を施工。

ボディーは全体的に綺麗な状態でしたが、水平面は保護フィルムのシワ痕跡が無数に有りましたので、ヒートガンにて整えました。

よく新車ではありがちなので、その処置をするかしないかで大きな変化となります。

 

かつてポルシェパナメーラの施工でボンネットの痕跡を磨きで無くすべく、ディーラー専属業者によって手を加えられていたのを思い出します。残念ながら戻れるべき形状変化の部分が意図的に研磨されてしまいましたのでその部分は陥没していました。

 

その瞬間綺麗であれば良いというハッタリ的な仕上げ方はいずれバレます。

少々時間がかかっても、確実にミスなく仕上げるのがプロの仕事。

綺麗に見えたX3も、なんだ今回は仕上がりがいいなぁ~~と受け入れるのではなく、絶対に何かある!そう言う目線で隅々調べました。

右クォーターパネルにそれらしき磨きの痕跡もありました。

ないな!ではなく、あるかもしれない!その目線で各パネルをチェック致しますので、仕上がりも当然完璧になると言うわけです。

ホイールコーティング、スポークの開口部も広く、奥まで届きましたので隅々塗り込み致しました。

SPGコートの最大の特徴、新車はそれだけで綺麗な状態ですが、磨きを加えた後に2層のガラスコーティング層を施す事で

鏡のようなツヤ感と写り込みが得られます。

ほんとこのX3は美しい仕上がりになりました。

 

SPGコート、遡る事2015年の春頃、何か一つ頭超えるような工夫ができないかと言う考えと、とある問題点の解決のために実験を行ったのが始まりでした。

検証には1年、四季の気候に対してどのように変化するのか、耐性はどうか、それら問題点を季節ごとにチェックする事で実用性あるのかを見極めたのです。

高いコーティング!一体何が高いのか、それすら消費者目線で考えると手応えないものになりますのでなかなか認知されないもの。

仮に大袈裟な表現をして注目を浴びるようにしたとしても、ユーザー様の高評価が得られないようであれば、時間も工夫も理論も台無しになります。

リリースしてから数年、プレゼンしてもなかなか受け入れてもらえない時もありました。

どうしたらこのSPGコートを受け入れてもらえるのか、、、とても悩みました。

密かにカービューティープロ115だけが展開するSPGコート、仲間内で「あれ一体何を使ってるんだ?」

そう囁かれるようにもなり、何人もの方に聞かれました。こればかりは門外不出w アイディアなもんでw

昨年、仕事面で厳しい季節もありましたが、とにかくSPGコートを多く施工させていただきました。

ようやく当店の施工内容をご覧いただき、施工依頼を頂くお客様方々に受け入れて頂けたのだなと実感することができました。

そして2018年最後を締めくくったBMW X3もSPGコート超撥水にて仕上げ。

ウィンドガラスは2019年新車プラン先行施工としてフロント除くガラス油膜除去・フッ素コートにて仕上げを行い

フロントガラスは2018年仕様として油膜除去+PGS-33コート仕上げ、まさにフル施工。

フィルムに至っては、シルフィード7015を施工。

当初透過率20%のご希望でしたが、プライバシー性を高めるにあたりX3のガラスはとても大きく、光を多く車内に取り入れてしまうので明るく表現されやすくなります。

車内からの視認性を失わず、外からのプライバシー性を高めるにあたり、このシルフィード7015はベストな遮蔽性を持ち合わせています。

暗すぎず、明るすぎず。 これはオススメした結果、オーナー様も大満足でした。

リアバックカメラも、当初もう少し下に取り付けられていましたが、セラミックドットギリギリまで位置補正を行いましてフィルムを貼りました。

万が一カメラを外しても目立たなくしてあります。

こんな感じでただ施工するだけではなく、それぞれにオーナー様のご希望からご提案とディカッションをした上で施工を行っております。

2019年もスタートして、おかげさまで1月もほぼ予定が埋まりつつあり、月末週を埋めるのみ。

一部は2月の施工予約も頂いておりますので、幸先良いスタートです。

今年もカービューティープロ115をよろしくお願い申し上げます。

そして遅ればせながらBMW X3のオーナー様、この度もご利用頂きまして誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください