LEXUS GS350 SGPコート低撥水 欲張りプラン

カービューティープロ115  航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

2019年、残すところあと半月となりました。

今日から毎日更新がんまります。

そして、新たなお問い合わせで年末施工のご要望連絡をいただきました。

ホームページのスケジュールでも表示してありますが、色が青のところは施工予約が入っております。

年末は毎年定期的にご利用いただいておりますお客様の年末洗車で予定を埋めておりますので、新たな施工は受け付けておりません。

新しいお問い合わせに至りましては、全て1月のご案内とさせていただいております。

お問い合わせ前に、ホームページのスケジュールをご確認頂きご希望日程のご連絡を下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

さて、今回は埼玉県伊奈町に住まわれているオーナー様からのご依頼。

当初ご相談の時、SPGコートに加え欲張りプランの魅力でお電話をいただきました。

ただ、距離が距離だけに施工はお近くが良いという旨をお伝えしましたが、他の施工店ではお得プランは用意していないそうで、結果的に距離の問題を乗り越えてご依頼を頂くこととなりました。

正直片道50キロ、はるばると言っても良いくらい。

お越しいただきまして誠にありがとうございました。

お車はパールホワイトのLEXUS GS350。前期モデルですがとても馴染みある車両。

現在の磨き方、加圧をあまりせずにコンパウンドの力で研磨させますのでマスキングもライトで行います。

(ルベスで磨くとマスキングも巻き取って剥がれてしまうのであまり意味なく、そして細部までコンパウンドが入るのでますます意味ない)

加圧をしないためエッジも丁寧に磨けば色を抜くこともありません。

塗装面はご覧の通りです。結構傷だらけ。

当然研磨を進めれば浅いのからなくなり最後は深いのとなります。

深すぎるスクラッチ、それを抜けばクリアは薄くなる。その深すぎると判断した場合はクリアの耐久性も踏まえて残します。

加圧せずコンパウンドの力で研磨しますので、塗装面へのダメージも極めて少なく済む。

最近の施工は塗装に優しくを心がけております。

そして完成。

やや黄ばんだクリアー層も研磨により透明度が上がり本来の白さが出てきました。

黄ばんでいたヘッドライトもクリーニング。

HIDなのでいずれ黄ばむかもしれませんが、オリジナルの耐久性はいくら経年とはいえど復活します。

磨きもさることながら、やはり経年車で一番重要なのは細部洗浄。

この仕事の中で一番地味な作業で時間がかかるのですが、磨くよりもこれをしっかりやるだけで車の全体像が大きく変わります。

そして磨きが加わり全体的な光沢も増すことでより美しさが演出されるのです。

テールエンドのカーボンも、ここどうにかならないかなぁ~と思う人も多いはず。

経年車施工でしたら可能な限りクリーニングいたします。

普段クリーニングできない場所ありますよね~

なかなか汚れも落ちないところ。

堆積した汚れについて除去することは可能です。

でも、あまり放置しないでくださいね。

クリアー層を芯まで痛めてしまいます。

そしてガラス、欲張りプランでは水垢鱗までを完全クリーニング。

油膜除去に加えカルシウム化した垢も取り除き、仕上げはシラン系PGS-33で撥水処理。

綺麗に乗る事、決してハイグレードな車だからではなく、オーナー様がどのように乗りたいか!

その現れだと思います。

輸入車でも汚れたままの方居ますからね。

コーティングはSPGコート超撥水にて仕上げ。

完全2層のガラスコーティングで、走れば全て吹き飛ばすほどに撥水させることで汚れの固着を防ぐ。

耐スクラッチ性においても、2層の厚みで保護されるのでスクラッチも塗装にまで及びません。

通常の適切な洗車であれば、撥水基も施工直後から1年半は低下することなく持続されます。

※洗車に条件や環境により差が出ます。

SPGコート 超撥水/低撥水ともにオススメです。

また現在親水パターンも実験中。評価が完了次第発表いたします。

本来お引き渡しもお越しいただくのですが、遠方でもあるため納車をいたしました。

GS350を2時間近く運転するのも初めてです。

一番感動したのはナビ!ドイツ車とは異なり純正ナビのマウスは動かしたい場所への誘導が的確に行える。

エンジン停止時は動いた方向で止まるマウスも、エンジン始動と同時にセンターに戻る。

地図は古くても案内は的確で見やすい!

ただ気持ちリアが跳ねやすいのが気になるかな~と感じました。

お車の維持、そしてコーティングの持続に至りましては

オーナー様がどれだけ車と向き合うかに至ります。

洗車の仕方など、効率面で疑問に思うところがありましたら是非ともご相談ください。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください