MINIクロスオーバーにSPGコート超撥水

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

前回アップしたMercedes benz GLC45クーペの洗車を昨日行ったのですが、お引き取りの際外周を確認したところ

 

強風で運転席側のドアエッジを壁にぶつけてしまったようなのです。

既に今後の予防のためドアエッジモールを装着されていましたけど、その下に貼ってあるラッピングがプレスの部分で剥がれていました。

オーナー様は「塗装も欠けたかも」とおっしゃっていましたが、よく見ると破れているフィルムのみで塗装には一切の損傷がありませんでした。

たかだか300ミクロン程度のラッピングフィルムでも、壁にぶつかった時の衝撃吸収の役割をしっかり果たしたんだなと改めて思いました。

薄い分一度破れた場合は張替えになってしまいますが、分厚いウレタン系に比べたら段差もなくスタイリッシュではないかな?

思わぬ事故は突然起きますから、備えあれです。

 

さて、今回はBMW MINI クロスオーバー。

ご依頼はお電話にて頂き、SPGコート超撥水指名にてオーダーを頂きました。

土曜日納車を照準に定め、木曜日の夜に引き取り、土曜日お引き渡し目指しての段取り。

お預かり翌日からの着手で、まずはボディーの状態を確認いたします。

外観としては極めて綺麗な状態。それは1~2mの距離を置けば光沢も申し分ないと判断できます。

ご依頼をいただくと言うことは、それなりにスクラッチがオーナー様ご自身の目線で目立つと感じ、

新車時でディーラーコーティングを施しても効果が切れてきたタイミングと判断されたからだと考えています。

ケミカル洗浄を行い、スクラッチに詰まる汚れも除去した上で磨きの準備をいたします。

光の反射でファインダーに入る傷に至っては深い傷と思ってください。

目で見えるヘアーラインスクラッチは、通常ズームのレンズではほぼ撮ることはできません。

深い傷の場合、その研磨量も重要になってくるため、深すぎる傷に至っては追わないようにしています。

理由:塗装は磨けば薄くなり、いずれ終わりが来るためです。

丸み帯びるMINIのプレスライン、磨き上げればそのプレスラインに伸びる光の帯は、パネルの美しさを表現させます。

メッキ部もくすみを除去することで綺麗ひ光を放つため美しさは倍増します。

普段マンション立体駐車場の再階層に駐車されているそうなので、ルーフの水平面もイオンデポジットもなく綺麗な状態でした。

MINIの塗装も硬い部類に入りますが、お手入れの頻度が低い場合、水平面に発生するイオンデポジットは深いものになってしまいます。

突起部も多いMINIの場合、全体的に均一な研磨も難しくなるため、何よりもオーナー様のお手入れ頻度が重要になってきます。

なんとこのMINIはマニュアルだったんです。

わずか2キロない程度の距離でしたけど、マニュアル車はやはり気分が高揚しますね~w

MINIの場合、MINI推奨でケアミーと言うコーティングを進めてきますが、MINIクラスでディーラーが提案するプライスは想像を超える金額。その金額で一体仕上がりはどうなのか?持続期間、その効果、残念ながら深い部分においての検証は浅い。

それが故にディーラーの施工はただ高いだけで効果がない・・・と言われてしまうんです。

ケアミー(BMWで言うイノベクション)もプレゼン方法によってはもっと良い効果を出せると思うんですがね~

新車への乗り換えサイクルの早いMINIだと再施工のリピーターよりも乗り換え優先なのかな?

私がよく言うのが、<新車の時は綺麗が当たり前> それに尽きます。

車を大切にされている方の中で、真に車の美しさを知るのは2回目の磨きを出された時です。

そのタイミングは3年目?5年目?その辺りでしょうかね~

新車時の塗装では、マクロでみると無駄に荒れた状態。それを数工程の研磨で塗面を整えますので映り込みもハッキリします。

新車時でも見れば傷は結構あり、MINIの場合はAピラーのカバーなどは傷だらけだったりします。

そこも見違えるほど綺麗になったらどうですか? 結構重要なポイントです。

フロントバンパーのプレス部、そこの陰影もこだわり綺麗に仕上げました。

SPGコートは2層のガラスコーティング。

塗面を仕上げるまではどのコーティングコースも一緒ですが、最後の仕上げに手間をかけ、大きな差を出しております。

撥水力は1層タイプの超撥水よりもどのパネルにおいても滑り落ちるような転がり方。

拭き上げにおいても、滑るように拭き上げ感のため吸水も早く仕上がります。

1層タイプのガラスコーティングで起きる弱点を克服している仕上げになるため

耐薬品性、耐酸性はとても優れており、定期的に洗車を繰り返してさえいれば、初期撥水のパターンは1年キープ可能。

適切な洗車方法が分からない方はコツを教えます。

SPGコートはこだわるカービューティープロ115が編み出した、こだわりたいオーナー様のための仕上げ方法です。

MINIに至っては、エンジンルームがとても汚れますよね~

錆止めのために無駄に多く油が詰まって、そこに埃が付着するのでさらに汚れる。悪循環。

エンジンルームも細部に渡り綺麗に仕上げさせて頂きました。

エンジンルーム、開けたことありますか? 開け方わかりますか?

これまで開けたことない方、一度開けて見てください。

内外ともに綺麗にするって、画像のような事です。

エンジンルームも綺麗にすると、見た目も良いですが見た目以上に水の流れがスムーズ。

ドレンの目詰まりは深刻な問題になりますので、それを早期に発見できます。

 

エンジンルーム、開けて見た事ない方は一度でも開けて見てください。

 

綺麗になったMINI クロスオーバー、無事に土曜日お引き渡しを済ませました。

綺麗に仕上がった時から、再びオーナー様が向き合う日がスタートいたします。

その綺麗な状態をいつまでも維持できるように、こまめなお手入れを続けて頂き、

汚れで困ったことなどございましたら、ご遠慮なさらずにご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

 

アップが遅れてしまいましたが、この度は当店をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください