VWゴルフRにSPGコート低撥水(欲張りプラン仕上げ)

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

新車が納車された方、または中古車を購入したという方、

無造作な施工ではなく1パネル丁寧に仕上げる施工はいかがでしょうか?

感動する仕上がりをお約束いたします。

各プランは下記リンクよりご覧下さい。

キャンペーン

ここにきて動きが出てきているのか、昨日も施工ご予約を頂きました。誠にありがとうございます。

そして施工確定ではありませんけど2件ほどご来店もあり、お話をさせて頂きました。

メールではお問い合わせし難いと思われるようでしたらご遠慮なさらずご来店ください。

具体的にお答えいたします。

 

さて、VWゴルフR 仕上げです。

前回の最後にあったボンネットの跡。

仕上げに置いて手抜きな部分が見受けられた画像でしたが、なぜコンパウンドが残るに至ったか!

原因は深いスクラッチでした。

ボンネット側に数本の深いスクラッチ、右フェンダーにも同様なスクラッチがありましたので

恐らくこれをなんとか除去したかったのでしょう。

結果は何も研磨できず残っていましたけど。

それを示すかのようなボンネットにあるバフによる巻き傷。

店内を暗室にしてスポットライトを見ると同心円の傷があります。これは磨きの最中に入れた傷。

ディーラー内製仕事でよくある現象で、酷い車になると車体全体バフ目だらけだったりします。

それをよく見るのはトヨタ系のソリッドブラック。多分オーナー様は気がついてません。

磨きと言うのはその瞬間綺麗であれば良いのではなく、痕跡があるかもしれないから入念にと言う思いで挑まないと仕上がらないんです。

当店の場合はテールレンズも磨きます。

表面ハードコートがある以上、それは塗装と同じなのであまり熱を入れずに綺麗に仕上げるようにしています。

撮り忘れていましたが、ルーフとハッチの隙間にもコンパウンド跡がありました。

右側のスクラッチもコンパウンド跡も全て綺麗に。研磨する=塗装が薄くなる事になりますので様子を見ながら、1パネル毎丁寧に仕上げさせて頂きました。

細部の洗浄、樹脂部のカルキ跡、磨きによって白さ際立つようになりましたので全体的にリフレッシュ完成です。

ただ残念な事に、コンパウンドが残っていた場所、そこだけ油分吸収により塗装が盛り上がっていました。

コンパウンドを取り扱う際に、一番注意しなきゃならないのがこの問題です。

熱を加えて磨くと言うことの怖さはここにあります。そして放置は取り返しつかなくなる事態に。。。

ディーラー内製コーティングと専門店での仕上がり、こういった細かいところで差が出てきます。

SPGコート低撥水 欲張りプラン

  • 全てのガラス油膜除去+PGS-33にて撥水施工
  • ボディー完全2層式ガラスコーティング SPGコート低撥水
  • ホイールコーティング

Facebookページで動画をアップいたします。

お値引きはございませんがボディーの施工料金でフル施工が叶う欲張りプラン、とてもお得です。

SPGコートの場合、一晩のエージングで完全硬化いたしますので翌日の雨でも全く問題ありません。

どこを開けても、どこを見ても綺麗な状態でお引き渡し。

綺麗な車に乗ることの気持ち良さは格別です。

細かいところまで綺麗にしたい!そう思われる方は欲張りプランを選んでくださいね。

ゴルフRはご自宅まで自走で納車。安全運転でお届けいたしました。

西東京周辺でしたらご自宅納車も可能ですのでご相談ください。

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください