2021年からのメンテナンスメニュー

2021年明けましておめでとう御座います。

今年も宜しくお願い申し上げます。

今年一番のブログ、昨年末にも告知いたしました通り、メンテナンスメニューの改訂を行いたいと思います。

この改訂に伴い、通常洗車メニューは廃止いたしますので、ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

まず、通常洗車メニューの廃止に至る経緯。

当店で行う洗車、普通車ならば税込¥3000、SUV以上は税込¥5000で行ってきました。開業当初からこのプライスにて行ってきましたが、ご自身でも行える洗車を提供するのになんの意味があるのか、汚れと言うのはご自身で取り除けない汚れがあり、それを取り除くには専用のケミカルにて除去を行います。それって既にテクニカルな部分に入っており、通常洗車ではなくなるわけです。

ご自身で行う洗車、細かい場所まで行いますか?そこに何時間かけますか?

短時間で済ますならば落とせる汚れにも限界があります。

じっくり取り組むとなると、これまでのプライスでは提供できなくなります。

当店で行うならば、当店ならではのテクニカルな部分を提供することで意味をなすと思い、通常洗車メニューを廃止する事に致しました。

では、メンテナンスメニューについて

1)ポリッシャーを使う作業のA Bコース

Aコース(作業時間4時間程度):鉄粉除去、酸性クリーナーによる固着物除去細部洗浄、車内バキューム、ホイール洗浄、ポリッシャー仕上げフッ素コート

軽自動車 ¥10000

普通車  ¥15000

大型車  ¥18000

1BOX  ¥24000

Bコース(作業時間1泊2日):鉄粉除去、酸性クリーナーによる固着物除去細部洗浄、車内バキューム、ホイール洗浄、水平面軽研磨+ガラスコーティング

軽自動車 ¥24000

普通車  ¥30000

大型車  ¥35000

1BOX  ¥38000

2)完全手作業で仕上げるABコース

Aコース(作業時間1.5~2時間):鉄粉除去、車内バキューム、ホイール洗浄、拭き上げ剤による撥水補完

軽自動車 ¥5000

普通車  ¥5000

大型車  ¥8000

1BOX  ¥12000

Bコース(作業時間2~3時間):鉄粉除去、酸性クリーナーによる固着物除去細部洗浄、車内バキューム、ホイール洗浄、拭き上げ剤による撥水補完

軽自動車 ¥8000

普通車  ¥10000

大型車  ¥12000

1BOX  ¥16000

拭き上げ剤の進化によりメンテナンスが比較的簡単になりました。ただし、その前の下処理作業に時間がかかりますので

それらを踏まえた料金として細分化しました。

ご自身のお車を洗車していれば、どんなメンテナンスが必要になるのか、それがわかります。

また症状を拝見すれば何をすべきか判断できますので、その段階でコースを決めるのも有効です。

2020年後半から、完全手作業のメンテナンスコースを実施してきました。

その結果は、当然のことながらご自身で洗車するよりも綺麗な状態になります。

それがこのメンテナンスコースの意味になってきます。

おそらく、不明な点はあるかと思います。

例えば、固着除去ってなんだ?

固着物とは、乾燥した状態では見えず、濡れた状態だと水が止まる模様が見えることがあります。水が止まる場所にはカルシウム化した固着物が存在しますので、それを除去いたします。

雨染みについては、これも解説していますが、屋根なしの駐車場で止めている場合、夜は夜露が降ります。

寒暖差が激しいよるなどに起こりやすく、毎朝びっしょり濡れている状態であるかと思います。

それが毎日のように繰り返されるのは、毎日雨降って日中に乾く、その繰り返しをされる。

その結果一定の箇所に水がたまり、その痕跡がイオン化して塗装表面が溶ける。

そしてパネルが乾いていても雨染みのような痕跡が残ってしまうのです。

紫外線による塗装表面の劣化も相成り、コンデションの悪い塗装になると艶も失われ、最後は塗装表面も破壊されてしまいます。

そうなりたくない方は、ボディーカバーを推奨いたします。

休日のみしか使用されないようでしたら、尚更ボディーカバーをかけておくべきでしょう。

それ以外ではルーフのみをラッピングすることで抑制されます。

決してコーティングが何年も持続して全ての汚れから守られるとお考えにならないでください。

そしてメンテナンスは再施工ではありませんのでご注意ください。

以上、今後のメンテナンス内容についてのご案内でした。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください